仲介業者のほうが上手に捌ける?

仲介業者のほうが上手に捌ける?

仲介業者のほうが上手に捌ける? 瑕疵物件は仲介業者の方が上手に捌けるかどうかはケースバイケースですが、ノウハウがあるのであれば上手に捌ける可能性は高くなります。
結論としては瑕疵物件を販売するのに長けているかどうかにかかっていますから、実績があれば売れる可能性は高くなりますし、実績がないのであればいくら業者といえども上手く行かないことも珍しくありません。
後はタイミングも重要となるので、たまたま欲しいという人がいればどのような方法であっても売れますし、需要がなければどれだけ実績のある業者を利用しても捌くことはできないものです。
しかし、あくまでも確率の問題ですからできるだけ上手に捌きたいと考えるのであれば、瑕疵物件の売却を得意としている仲介業者を探して相談をしてみるのが、もっとも可能性の高い方法であることは間違いありません。
もともと不動産は業者のノウハウに左右される部分もありますから、瑕疵物件のような特殊なケースはその傾向がより大きくなります。

瑕疵物件を出来るだけ高値で売る方法とは何か

瑕疵物件を出来るだけ高値で売る方法とは何か 瑕疵物件は普通の物件よりも安く買い叩かれてしまう事が多いです。そこで少しでも高値で売却するにはどうすれば良いかというといくつか方法があります。
まず瑕疵部分を解消するという方法です。売却前に工務店に補修等をしてもらう事で、市場価格に近い値段で売却する事が出来ます。
また事故物件の場合は、家を一度空にしてハウスクリーニング業者に徹底的に清掃してもらうという方法も有効です。特に自殺があった物件は、どうしても敬遠されがちです。そこで瑕疵物件をハウスクリーニング業者に綺麗にしてもらう事で、買う側も心理的圧迫感はかなり少なくなります。
他にも事故物件の場合、いくらきれいにしても中々買い手がつかないという場合もありますので、その場合は無理に値段を安くして売ってしまうのではなく、しばらく期間を空けてから売却すると良いです。とにかく売り急がずに買い手が出てくるまでじっくりと待つというのも有効な方法です。
それからいったん賃貸物件として利用してから売却するという方法もあります。一度ワンクッション賃貸として別の入居者を入れる事で、事故物件の印象派かなり薄くなります。
あと事故物件でいくら工夫をしても中々売却出来ない場合は、思い切って建物は壊してしまい更地にして売却するという方法もありますし、訳あり物件専門で買い取っているような業者もいるので、そうした業者を利用するというのも1つの方法です。

新着情報

◎2020/10/13

早めの調査と相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

瑕疵物件の告知義務
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

注意すべき瑕疵物件の存在
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

瑕疵物件の需要はどの層?
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

仲介業者のほうが上手に捌ける?
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「物件 仲介」
に関連するツイート
Twitter