瑕疵物件の情報はこのサイトにおまかせ!

瑕疵物件を少しでも高い価値で手放す売り方

瑕疵物件を少しでも高い価値で手放す売り方 瑕疵物件は次の買い手が見つかりにくいと考えられるためなかなか高値では売りにくいと言うことが少なくありません。
特に事故物件と呼ばれる、人が死亡したなどの場合には告知義務もあるため買い手がつかないと言うケースも多いものです。
これにより高く売ることができないと一般的には考えられますが、これらを少しでも高い価格で手放す方法があるのです。
それは、瑕疵物件の買取に強い不動産会社を探すことです。
仲介で販売しようとする場合などは次の買い手がこのような物件を嫌ってしまうことが多いためなかなか売却することができないケースが多いのですが、瑕疵物件に強い不動産会社であれば様々な売却方法を知っているものです。
特に投資物件の場合には瑕疵物件であっても買い手がつくことが多いので、このような希望者を不動産会社は多数抱えていることも少なくありません。
そのためまず専門の良い会社を見つけることが、効果的に高い価値で手放す売り方となっているのです。

瑕疵物件を売るなら買取専門業者へ相談するのが無難

瑕疵物件を売るなら買取専門業者へ相談するのが無難 瑕疵物件を売却する際には、宅地建物取引業法によって告知義務が求められています。
これを怠ると、告知義務違反として、後で買主から莫大な損害賠償を請求されることもあります。
瑕疵物件の売却では、瑕疵を告知した上で相場よりも安値で売却か、瑕疵を補正してから通常の物件にして売却という、主に2つのルートに分かれます。
いずれにしても、不動産会社に査定や媒介を依頼するのが基本。
ただし不動産会社の中には、このような物件を苦手とするケースや、露骨に断られることもあります。
できれば瑕疵物件を専門とする、買取専門業者へ相談するとよいでしょう。
売却の際のポイントは、まず複数の業者へ査定を依頼することです。
通常の相場よりも安値になる物件であっても、諦めることなく、できるだけ有利な条件で交渉を進めることが大切です。
また委任する不動産会社とは、後にトラブルにならないように媒介や買取の契約方法も、詳細に決めておく必要があります。
瑕疵物件は通常の物件と比べ、物理的または法的に複雑だからです。

新着情報

◎2020/10/13

早めの調査と相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

瑕疵物件の告知義務
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

注意すべき瑕疵物件の存在
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

瑕疵物件の需要はどの層?
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

仲介業者のほうが上手に捌ける?
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「物件 相談」
に関連するツイート
Twitter