早めの調査と相談

早めの調査と相談

早めの調査と相談 瑕疵物件という言葉がありますが、通常は事故物件とは異なり、見た目だけでは判断できない部分に欠陥があるような住宅を指しています。床下で漏水している物件や、電気配線が漏電している部分があったり、耐震強度が不十分な物件、腐食を塗料で胡麻化している物件など、その範囲は広い傾向にあります。不動産会社の社員と一緒に内覧を行ってから購入することは勿論ですが、このような瑕疵物件は通常範囲の点検では知る余地がないという問題が圧倒数を占めています。
実際に生活を送ってみて、後から発覚するという状態が多いのでもしも瑕疵に相当する部分を見つけることが出来た際には、まずは不動産会社に依頼をして調査をしてもらう方法、調査結果により正常な生活を送ることができないと判断された場合は、不動産会社側が全てのリフォーム費用を負担して、きちんと住める状態にしなければならないルールがあります。応じない場合は損害賠償や慰謝料の請求対象になるので、こちらは弁護士等の専門家に任せた方が良い結果を生み出せます。

瑕疵物件の情報はネットで探すのがおすすめ。

瑕疵物件の情報はネットで探すのがおすすめ。 瑕疵物件とはいわゆる「訳あり物件」のことです。様々な要因がありますが、人が死んだりした物件のことです。でも、知らされていなければ気づかないので問題ありませんが、近隣住民は知っているので変な目で見られることもあるかもしれません。住む人によって全く違うので、夢や希望に燃えている人には関係ないはずです。あとで、思い出話として語り継ぐかもしれません。不動産業者自らこの物件を好評することはありませんから、ネットなどで調べるのがいいでしょう。
瑕疵物件は情報で調べる事ができそうです。不動産もネットでは隠していないのではないかと予想できます。正確な情報を与えるのが仕事でもあります。店舗にはわざわざ書く事はなく、店の信用問題にもなりますからね。しかし、本来は被害を受けたのはアパートの持ち主で、持ち主は立て替えや売却なども視野にいれるでしょう。そういう意味では瑕疵物件というのは不動産屋もオーナーも困った案件です。

新着情報

◎2020/10/13

早めの調査と相談
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

瑕疵物件の告知義務
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

注意すべき瑕疵物件の存在
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

瑕疵物件の需要はどの層?
の情報を更新しました。

◎2020/1/21

仲介業者のほうが上手に捌ける?
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「物件 購入」
に関連するツイート
Twitter